私自身は,ちっちゃいうちから虫歯になったことが無く,良い歯のバッジをもらっているような乳児でした。
大人になって,一度だけ虫歯になってしまい治療した経験がありますが,歯医者に診断に行くようなことはその単発でした。

乳児が生まれましたが,乳児もやっぱり歯が丈夫なんじゃないか(論拠はないのですが)と思っていました。

幼稚園の長期間ほどからは,夜の仕上げみがきはやってあげていましたが,午前は乳児にやらせていました。

だが,小学生に入学してすぐの歯科検診でのとき。検診の結果を見ると,「虫歯ができてある。歯医者をめぐって治療してきて下さい。」となっていました。

あれれ,本当に,びっくり!!

あわててアッという間に近所の歯医者に予約しました。

最初にみてもらった時,歯医者に「地雷までいっちゃってそうけど,痛くなかったの?」と聞かれる乳児。

そういう状態になるまで気づかなかったこと,乳児もそういう状態になるまで何も言わなかったこと,それがまたびっくりでした。

数週間通い,虫歯は正しく治療してもらいました。

永久歯でなかったのがせめてもの救いでしょうか。

先,キッチンタイマーを購入し,午前は3分間,必ずや磨くようにさせました。仕上げみがきも,歯医者に言われたとおりに一際上の歯の中を丁寧に磨くようにしています。

先,虫歯にはなっていません。詳しくはこちら